結婚式電報を送る際、文例を用意しているサイトは、結構あると思います。もちろん、電報がメインのお店でなければ、文例は用意されていませんが。

文例はたくさんあるけど、自分流にアレンジしたい、そんなときに、アレンジ方法がわからない場合は、文例をそのまま利用したほうがいいかもしれません。

結婚式電報のメッセージにはマナーがあるので、文例を見て、こんな風に変えようかなとか、アイデアが浮かばない場合は、無理してアレンジすると、結婚式電報にふさわしくないメッセージになってしまう場合もあります。

要は、文才があるかどうかの問題ですが。

それでも、やはり、自分なりにアレンジしたい場合は、ある電報のサイトに、文例とともに、アレンジ方法も記載されておりましたので、ポイントを転記いたします。

1.メッセージの文字数の上限を確認する
※〇文字まで無料とか、メッセージ料金がかかる電報のお店は注意が必要です

2.文字数を考慮し、文例を選ぶ

3.送る相手の敬称を決める

4.紹介したい人柄を決める
長所や、メッセージで伝えたいテーマにあいそうなもの

5.人柄話伝わるエピソードを決める

6.言葉遣いをチェックする

アレンジするのって結構大変ですよね。なので、複数の文例を組み合わせて、オリジナルのメッセージにしたり、相手の人柄が伝わるようなエピソードに近い文例を見つけて、アレンジするのが簡単かなと。

特に、言葉遣いはマナーになりますので、必ずチェックが必要ですね